2020-11

ちょっとしたネタ

日本で「生卵」を食べる習慣。他国で食べないのはなぜなのか?

日本の一般家庭で食べられる「生卵」。 「TKG(卵かけごはん)」や「月見うどん」をはじめ様々な料理に使用され、ちょっとしたトッピングとしても定番の存在です。 日本では徹底した衛生管理により食中毒を防いでいますが、他国ではまだ心理的な抵抗が強いようです。

カエルの足が由来の「ラナンキュラス」。花言葉やその由来

色とりどりの花色をもつ「ラナンキュラス」。 赤、白、ピンクなど多彩な色で人々の目を楽しませ、花びらの心地よい質感もあわせて「華やかな魅力」という花言葉をつけられました。 花名の由来は「rana(ラテン語で「カエルの足」)」で葉の形から。
キャラクター紹介

獲物を仕留めるハンター「鷹」。「鷲」との違いや特徴

「鷹匠」という伝統文化を守る専門家が存在するほど、日本と付き合いの深い鳥「鷹(タカ)」。 「鷹(タカ)」と「鷲(ワシ)」は生物的な明確な区別はなく、大きさで大まかに呼称を分けることが多いようです。
キャラクター紹介

伝説の「九尾の狐」の物語。キャラクターの歴史と特徴

さまざまな創作物に登場する、人気の高い伝説の生物「九尾の狐」。 古いエピソードなどでは圧倒的な力をもつ悪役として扱われてきたキャラクターですが、近年の創作物では「女性としての魅力」に主眼をおいたキャラクターが増加しているように感じます。
キャラクター紹介

ドラゴンの歴史や「龍」との違い。伝説のドラゴンの物語。

伝説の「ドラゴン」の物語。その歴史や龍との違い。
キャラクター紹介

神のメッセンジャー。「カラス」の知能や習性、エピソード。

日本の都市部で日常的に目撃されるカラス。 古くからあらゆる神話に登場する鳥であり、その高い知能が分かるような立ち位置として語られています。 日本神話では「八咫烏」という導きの神、または太陽の象徴として登場し、確かな信仰をもっています。
キャラクター紹介

夜を象徴する動物「コウモリ」。「鳥でも獣でもないよ」

夜を象徴する動物ですが、実は昼に行動する種類もいる「コウモリ」。 「イルカ」や「フクロウ」と同様に「エコーロケーション」という能力を使って周囲の状況を認知しています。 「コウモリ野郎」という言葉の由来は、とある寓話のエピソードが由来です。
キャラクター紹介

美しいフォルムの最速の魚「カジキ」。美味しいけど危ないその特徴

独特なフォルムで人気のある「カジキ」。現在海を泳ぐ魚の中で「最速の魚」として、ギネスブックに登録されています。 肉質や生態が「マグロ」と共通する点があるために「カジキマグロ」といわれることもありますが、そういった種類は存在しておりません。

花言葉は「純愛」。神聖な花「ナデシコ」の名前と花言葉の由来。

可愛らしいフォルムから、日本で昔から愛されてきた「ナデシコ」。 その美しい姿から女性の姿を重ねられ、「純愛」や「無邪気」といった花言葉もつけられました。 英名の「Dianthus」は神聖な花という意味で、また違った魅力を教えてくれます。

「永遠の愛」。運命を占う花「キキョウ」の名前と花言葉の由来

しっとりと鮮やかに咲く姿に、夫の帰りを静かに女性の姿を重ねられた「キキョウ」。 古くから占いとして使われるなど、日本に馴染みの深い花ですが、実は絶滅の危機に瀕している花でもあります。 花言葉は「永遠の愛」、「気品」、「誠実」など。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました